二胡マイナスワンCD Vol.16 <二泉映月> 模範:低音二胡音源 [RMC-V16]

二胡マイナスワンCD Vol.16 <二泉映月> 模範:低音二胡音源 [RMC-V16]

販売価格: 1,200円(税込)

商品詳細

二胡マイナスワン(カラオケ)CDシリーズ!
二胡演奏をもっと華やかにしてくれるカラオケ伴奏CD+数字譜セット!
Vol.16は、今回は『低音二胡(二泉二胡)音源の模範演奏付』でのお届けです!
ピース第十二弾は、二胡曲の最高傑作の一つであり、不朽の名作でもある「二泉映月」です♪
二胡弾きなら誰もが一度は美しく奏でたいと憧れる名曲。名曲がゆえに、多くの二胡奏者が演奏し、最近では多様な伴奏アレンジも増えているこの曲を、古後氏と鳴尾氏のタッグで、ついにマイナスワンCDにすることができました♪ 今回一番大変だったのが、イントロの部分。入りをどう伴奏にあわせるかというのが一つの課題でしたが、そこはさすが多くの二胡独奏曲の伴奏をこなしてきた古後氏。二泉映月の情景はそのままで、テンポの揺れる部分をしっかりとカラオケでも弾きやすくアレンジしています!また、二泉映月というタイトルが持つ世界観から、これまでと趣向を変えて、映像的な広がりのある音楽でつくられています。古今東西様々な楽器と合う二胡だからこそ感じられる世界、どうぞお楽しみください。
もちろん、今回も模範演奏である鳴尾牧子氏によって二胡譜面に細かな音楽記号、装飾記号、運弓、運指がしっかりと細かく書き込まれ作成されています♪ 試行錯誤をかさねた上のこの譜面だけでも、一見の価値ありです。教材としての活用はもちろん、聴くだけでも学び楽しめます!
CDには、模範として低音二胡(二泉二胡)の音色が収録されています。セットの数字譜はA4サイズの譜面が付属します!
低音二胡(二泉二胡)とは
「二泉映月」を演奏するための楽器です。共鳴胴(琴筒)が二胡よりもほんの少しだけ大きつくられており、二泉専用弦で4度または5度低い音で調弦します。重厚かつ厚みのある豊かな音色が特徴です。 ◎参考商品:二泉専用弦 北京星海

<!Pick Up!>
↓〈二泉映月編〉 マイナスワンCD企画!店長がレコーディングに見学参加してきましたブログ記事はこちら↓
古後さんと鳴尾さんとともにレコーディング企画♪レコーディング編2 〈二泉映月編〉 ≫


    ▼ 収載曲 Vol.16
  1. 二泉映月/阿炳作曲/G調/サンプル音 »
  2.  (低音二胡用です。調弦は「内弦:G」「外弦:A」にあわせて演奏してください。)

※サンプル音質は、お客様のパソコン環境により、音質等が実際のものと異なる場合がございます。
あらかじめご了承ください。

◇他のマイナスワンCDシリーズはいかがですか?
≪マイナスワンCDシリーズ一覧表はコチラから≫


模範演奏者:鳴尾牧子 ◆模範演奏者:鳴尾牧子略歴
1995年北京に留学、中央音楽学院で二胡を学ぶ。1996年帰国後、演奏活動を開始。
日本人二胡奏者の草分けとして、中国の伝統を踏まえて培った確かな技術と、日本人ならではの新しい感性で演奏活動を展開する。聶靖宇、王永徳等著名な教育家に師事。これまでに国内外の国際コンクールで優勝。2012年より胡琴重奏団「Xeno Quartet +」リーダーとして、伝統楽器でありながら現在進行形で発展を続ける現代の二胡の音楽を発信、同ユニットで2014年第15回大阪国際音楽コンクール民俗楽器部門第1位。演奏活動の傍ら、後進の指導にも当たる。二胡を中心とするオーケストラ「鳴尾弦楽団」主宰。2015年11月Nash Studioよりソロアルバム「Wildfire」リリース。
◎【鳴尾牧子オフィシャルサイト】:http://huqin.cn1.jp/

【二胡マイナスワン(カラオケ)CDシリーズ:R-STACK RECORDS】
二胡をもっと華やかにしてくれるカラオケ伴奏CDに新しいレーベルが登場!
マイナスワンとは、主メロディ部分だけをぬいた、いわゆるカラオケのことをさします♪
音源製作者は、作曲・編曲者でもありチェリスト、そしてピアニストとしては二胡奏者ジャー・パンファン氏の伴奏もつとめたことのある古後公隆氏。活動拠点の関西では、二胡奏者の鳴尾牧子氏とのコラボや、その他二胡教室の伴奏やイベント演奏で活躍中。クラシックはもちろん、ジャズ、ボサノヴァなど様々なアレンジを得意としている古後氏と、二胡の伴奏CDを知り尽くした二胡姫にて新たな二胡のカラオケCDが製作できました♪


Produced by R-STACK RECORDS



二胡の調ポジション資料へ (二胡姫店長オリジナル)【 二胡の調ポジション資料! 】
弾いてみたい曲はあるけれど、A調??、E♭調って? なんか見慣れない調があって困っている方へ!
二胡姫店長が、「数字譜(123…)」、「音階(ドレミ…)」、「電子チューナー音名(DEF…)」の3つが揃った、オリジナルの調ポジション相関図を作成しました。簡易的なものですがどうぞご参考ください♪