二胡弦 3種類セット (SOLO弦+ゴールデンライオン弦+トマスティーク弦+おまけ付き) [G-GSGLTM3]

二胡弦 3種類セット (SOLO弦+ゴールデンライオン弦+トマスティーク弦+おまけ付き) [G-GSGLTM3]

販売価格: 8,900円(税別)

(税込価格: 9,790円)

商品詳細

高級二胡弦 3種類セット 二胡弦3種類セット!店長はこうオススメします!
「弦の違いでどんな音色の違いになるんだろう?」
「自分の弾き方にあう弦ってあるのかな?」
二胡を弾きはじめて数年も経つと、CDやコンサートや動画やレッスンなど、色んな二胡の音色を聴いてくると、自分好みの音色が少しずつわかってくるようになり、「こんな音を出してみたい、キレイな音になりたいな」 ふと色んなことを悩み試したくなる時期が必ずやってきます。
音色の出方は、二胡材質の違いもあれば、弾き方の違いもありますが、二胡の弦でも音色が変わってきます。二胡弦には色々なタイプがあり、音色、音の出し方、指を置いたときの硬さ、柔らかさなどさまざまで、弾きやすさも変わってきます。単なる消耗品ではありません。
「弦の違いなんてわかるほどまだ上手じゃないし・・・」「そこまでこだわってもいいのかな?」 そんな、まだ二胡の技術に不安がある人こそ、ぜひ一度、色んな弦を試してみていただきたくてこちらの弦3種類セットをつくってみました!
店長も、これまで二胡を弾いてきた中で何度も試しながら自分のスタイルに合う弦を探してきました。色んな弦を張ってみて気づいたのは、二胡を楽しく学ぶからこそ自分にあったものをチョイスしたほうが良いということ。キレイに弾くという技術を身につけることはもちろんですが、弦をかえて試してみることで、技術的にひっかかっていた壁を乗り越えられることもあります。 色んな弦にチャレンジして試してみて、さわってみて、自分の音色スタイルが見えてくるはずです♪
それぞれの弦には、特徴と店長の経験から感じたことを、二胡を楽しく学びたい方向けに記載してみました。 個別に買って試してみるも良し、二胡を複数本お持ちなら、セット購入でそれぞれ試してみるのもオススメです!今ならセット購入にはFangFang弦がおまけで付いてきますよ♪

  1. 二胡弦 FangFang SOLO  ¥2,700
    SOLO(ソロ)弦というだけあって、音の太さ、厚さやどっしりとした音色はさすが独奏向きといえます!厚みのある音が出る弦は太く硬いため、最初は弾きにくく感じることも多いですが、その音と弾きやすさのバランスがしっかりと取れているため、演奏会向きといえます。耐久性もあり、ピチカートなど色々な奏法で弾きこんでも、すぐに柔らかすぎたりへたったり、ということがありません。弦を張った直後はやや音が不安定ですので、本番前の急な交換にはオススメできません。最低でも2週間ほど弾き込む必要がありますが、低音、高音どちらもきちんと楽器を鳴らしてくれるので発表会や演奏会の1〜2ヶ月前には交換をオススメします♪
  2. 二胡弦 トマスティーク製  ¥3,200
    オーストリア製の弦として有名な最高クラスの弦で、リピーターがとても多いトマスティーク弦!その良さは何より西洋らしい、すっきりかつ繊細で洗練された音色といえます。二胡の音色でも、中国伝統楽器らしい良い意味での粗雑さやよりも「弦楽器」としての繊細な華やかさの好きな方にはこちらのトマスティークが好みでしょう。指を置いたときの感覚ですが、指のすべりも良く、弦はやや弾力があり速弾きにも向いてます。楽器への馴染みも比較的早いですが、それでも最低2週間は弾き込んでほしいため、本番前の交換よりは、1ヶ月ほど前までには交換をすませて練習し、二胡に馴染ませてください♪
  3. 二胡弦 ゴールデンライオン オットムジカ製  ¥3,000
    重厚感はピカイチでコアなファンに人気弦!当店取扱い二胡弦の中では、指を置いたときの硬さは一番で、太く低音の響く弦です。男性のテノールのような音を出すためにつくられたのかと感じるほどの、重さ、厚さです。 そのためしっかり奏でれば音量もかなりあるため、ある程度の場所であればマイクがなくともかなり響くはず。音響機材無しで、できるだけ音を響かせるならこの弦。ただし、弦の硬さ、太さ、扱いにくさも二胡弦の中ではトップです。手や指が大きくしっかりとした力のある方、またはある程度の経験者向けの弦ですので、きちんと時間をかけて弦を馴染ませ、また指を馴染ませるようにしてください。新しくこの弦に挑戦するようなら、2〜3ヶ月はじっくり様子を見ながらという気持ちで弾くことをオススメします。この弦のコントロールができるようになれば、今までにはない存在感のあるどっしりとした二胡の音色が奏でられることでしょう♪
  4. 二胡弦 FangFang(セットのおまけ)  ¥1,200
    普段使いに抜群。初めて弦を交換するならこちらの弦!音色、使いやすさ、価格、とコストパフォーマンスに優れた弦です。初心者から上級者までオールマイティに使えます。 SOLO弦や他の高級弦にくらべると音の厚みや、音量、音色にやや足りなさは感じるものの、弾きやすさ扱いやすさではトップ。 初心者にはもちろんですが、中堅の経験者で速弾きなどの難易度の高い奏法に挑戦中の方は、一度この弦で弾いてみてください。 指のタッチが良く、柔らかいのに弾力があるためちょっとした力で指がトトトトト……と動いてくれます。その代わり、耐久性はやや低いので、ちょっと早めの定期的な交換をオススメします♪

参考:弦交換方法はこちら »


※商品に関するご注意(必ずお読みください)
  • 商品パッケージ表面に製造上に起因する小さいキズやスレがある場合がございます。商品には問題ありません。
上記、あらかじめご理解くださいますようお願い申し上げます。






◆二胡弦交換のすゝめ

二胡弦交換のすすめ! ◆二胡弦は一番の消耗品!最優先にチェックしましょう!
二胡弦の材質は、一般的にメーカー問わずほとんどがスチール(鉄)で作られています。 調弦をするときに糸巻きを回すと、弦をギューっと伸ばして調弦しますので、弦自体は徐々に伸びていきます。 また、弦は弓で擦って振動させますので、その影響もあって徐々に伸びきっていくことになります。伸びきった弦は、振動にブレが生じ音色に影響するので、定期的に交換をすることが必要です。
弦の耐用期間はおおよそ『半年〜1年』ほどですが、手入れを怠ると、すぐにサビてしまったり、弦に付着した手汗や松脂が、ベタベタしはじめ周りのホコリをくっつけてしまい、弦が消耗します。指に触れる弦のところ(特に第一ポジション付近)がガサガサしているな、と思ったら1年経っていなくても交換をオススメします。

◆発表会や演奏会“直前の弦交換はオススメしません!!”
弦は、交換してすぐに良い音色が出るわけではありません。弾きこむことで、その二胡に合うように馴染ませないといけません。弦が馴染むまでの時間は、メーカーや弾く時間によって異なりますが、余裕を持って1ヵ月はみておいたほうがいいでしょう。
※弦を新しく交換した時は、弦自体がまだ固いため、音が出しづらい場合があります。このような時は松脂を弓毛に少々塗ると音が出しやすくなります。

    ◆交換時期例)
  • 発表会や演奏会など演奏披露時期を目安にするなら、逆算して半年前ごろから交換して良いでしょう。遅くとも1ヶ月前には交換することをオススメします。いろいろと弦を試したい方は、早めに交換してお気に入りの弦を見つけることが良いでしょう。



二胡姫はキャッシュレス決済の還元対象店舗です!
二胡姫はキャッシュレス決済の還元対象店舗です!ご購入時にクレジットカードでお支払いいただく事で最大5%の還元が受けられます。制度の詳細は公式サイトでご確認ください。公式サイトhttps://cashless.go.jp/consumer/